陽 

f:id:BooBicky:20181206204226j:plain

 Hey bro, what’s cooking? Not much cause we are BUT69 

 

陽はまた昇る、いつまで登り続けるのか。

いずれは水素も尽きて消える日が来るのか? 考えても解らないし、そのころにはもういない^^

 

「通常」は陽が昇ると起きだして、食事をして仕事に出かける。

これが当たり前の人の生活で、この繰り返しによって賃金を得て生活をしている。

なかにはそうじゃない方もいると思うが、「特殊」という言葉でまとめさせて頂く(笑)

しかし何故朝起きて仕事に出かけるのか。それは陽が沈むと暗くなって見えなくなるからで、現代ならば照明も発達しているんで夜からの仕事もたくさんある。

ところが朝起きて仕事に出かける、早起きをすることが美徳であると思われている。

 

「特殊」が盛んになり始めたのは、PCによるネットの発達と普及が大きな原因だろう。日本が真夜中でも、世界の全てが真夜中ではなく、忙しく働いている時間帯の

国もある。

「特殊は」こことビジネスができる。

遠方にいる人とビジネスするには出張しなければならなかったが、「特殊」はネットで

打合せを済ませてしまう。

 

こうなると「特殊」が通常で、「通常」が特殊ではないかという気がしてくる。

丁度私が不惑の歳辺りにWindows95が発表された。

マウスで操作できる画期的なPCが登場した。

メールにしてもテキストで書き込んで、クリックすれば送信できる。

インターネットもゆったりとしているが簡単に繋がる。(料金の高いのが難点だった^^)

いちいちコマンドを打ち込んであれこれと操作しなくても、誰でも買ったその日からPCでなんでもできる。

 

いまはもっと凄い。

手帳大の電話付きPCを持ち運べる。(なんちゅう表現^^;)

これらが更に進化するとなにが起きる?

人が不要になってくる。

人工頭脳が全てを司どり、機械の操作、製品の梱包、出荷、送り状の送付、入出金の管理、経理、人事.....まではどうか解らないが、ほとんどのことをしてくれる。

すると人は不要になる。

つまり現場で働く人は限られたスキルを持った人に限られてくる。

 

何世紀か先にはどうなっているんだろうか?

少子化どころではなく、家族という定義がなくなっているかもしれない。

もちろん、私はもうそこにはいません(聞いたような?^^)

 

でもそんな先のことまで考えてると生き残した時間がもったいないんで、

来年5月からの元号を考えている、いや推理している。

アルファベットでM、T、S、Hから始まる元号は用いられない。

ここまでは推測できる。

明るさや、平等や、平和を願った元号が続いたので、革新的なものか?

いやそれはあり得ない。

人権を尊ぶようなものか? 

そうそう、お知らせしておく。

造幣局から平成31年の硬貨が発行される。次いで新しい元号の硬貨。

各種硬貨のセットはさほどお高くはない。

いまから造幣局のHPで会員登録されることをお勧めする。

オリンピックを2回、万博を2回経験されるであろうご同輩、

なにかの記念にと思うのであれば、ここいらが妥当で無難(笑)

f:id:BooBicky:20181205215106j:plain

PCで描く水墨画

水墨画は実に難しい。

濃淡のみで表現することの難しさは、喜怒哀楽で表現できる人生を上回る....なんて^^

解ったようなこと書いてますが。

しかし筆で描くよりPCのマウスで描くほうがうまく描ける^^;

 

そろそろ年賀状の図柄でも考えるかと思っていたら、なんと90歳を超える老婦人のお創りになった見事な貼り絵といおうか、重ね布で作られた猪の絵があった。

今年はそれを使わせて頂くことに決めた。

そして年賀状も、仕事の関係を除いて今年を最終にさせて頂こうと思っている。

中元、歳暮は特別なところ以外は随分と以前に取りやめたが、まだ虚礼と言われる(私

自身はこの言葉は好きではない)事柄は、たくさん残っている。

本当は止めたくない、しかし敢えて強行?すると相手に負担を与えることになる。

 

明日は病院の定例検査がある。

調べてもらわなくても自分のことは解る、しかし結果的には第三者が見つけなければならない。

治してくれなくても良い、米粒がつっかえずに食えるようにしてくれれば(笑)

逆風亭米笑。。。なかなかいい芸名^^

 

Hey bro, what’s cocking? Not much cause we are BUT69 「どうしてそうなった?」

f:id:BooBicky:20181115215739j:plain

これはご存知、ゲゲゲの鬼太郎に登場する砂かけ婆

見るからに恐ろしい.......(笑)

 

過日、友人から聞いた恐ろしい、いやおそましい話がある。

人とは必ずしも年齢を重ねたからと言って穏やかで情のある人物にはならないようだ。

 

閑話休題、タイトルの"Hey bro, what’s cocking? Not much cause we are BUT69"は、

古希を迎えた仲間たちへの挨拶と、ブレンドウイスキーVAT69にひっかけた、だって69歳だぜ=BUT69である^^

やあ兄弟、調子はどうだい?いいこたあねんやな だって古希だもん

てな感じ。

 

さて本題に戻ろう。

あるスーパーマーケットで老女の万引きが捕まった。

カップ酒をひとつ盗んだらしい。

今はやりの万引きGメンが、店頭で老女に店内事務所への同行を促していたが、老女は大声で口汚くGメンくんを罵り、ボディにパンチを打ち込み激しく抵抗していたという。

そのうち老女がGメンくんの指に噛みついたらしい。幸いにして入れ歯を外していたらしく出血などもなく振り払ったらしいが、Gメンくん、この異様な攻撃に怖気がさしたのか、店内に向かって応援の要請をした。

店内から若い男性スタッフが何名か出てきて、老女に事務所に行こうと促すが、彼女は更に殴るけるを繰り返し、とうとうパンチが一人の男性スタッフに命中、彼の眼鏡が吹っ飛んだ。

我慢の限界というやつか、警察に連絡!と叫ぶ声がして、数分で警官が3名ほど駆けつけたが、彼女は警官なんぞ恐れるに足りずで、警官にまで殴るけるの暴行を......。

 

とうとう床にうつぶせに抑え込まれて手錠をかけられたそうだ。

どう見ても80歳代の老女は、それでも激しく抵抗し、カップ酒一個の万引き、法律的には窃盗だが、この大暴れで事後強盗という罪名に変わってしまった。

 

彼女が連行された後、どこからか同じような年代の老女が現れて、「友達になにをした! 火をつけるぞ!」と店頭で怒鳴り始めたという。

どうやら老年非行グループが周辺にたむろしているらしい。

 

友人が言うには、「見たくなかった。そりゃいろんな人種がいるだろうが、あんなばあさん見たくなかった」

だろうな......俺たちオヤジはばあさんの元、つまり母から生まれたんだから。

どんな年代であっても、女性のそんな姿は見たくないな。

悲しい話だった。

 

老いるということ

 

f:id:BooBicky:20181112171747g:plain

老いるということは、あまりにも多くの経験を積んだので好奇心が湧く対象が少なくなるということなのか?

だから時間のたつのが早く感じられるようになるのか?

「老就」は、老いというものに就くのであって、決して自覚するのではない。

知らぬ間に老いていたというやつだ。

「老執」は、ああ...年を重ねてしまったと老いたという事実に執着するのではなく、

老いを自覚し、その年齢に相応しい人生を執り行うことだ。

「老修」というのは年齢を許容するのではなく、年齢に見合った努力をし年齢に相応しい生き方をすることだ。

 

人は生まれれば、すぐに死というものに直面しながら人生を送らなければならない。

自然の理といえばそれまでだが、生まれてこなければ苦も悲も恐もない。

ゼロの観念である。

しかしいずれはこの世を去るとはいえ、それまでの間に喜怒哀楽があり、結構楽しいときもあり、花咲くときもあり、またその反対のことも多々ある。

 

七転八起か七転八倒

悲喜こもごもか喜怒哀楽か

生を享受するのか死を恐れるのか

 

だから宗教ができたんだろうな。

すがるものがなければやっていけない脆さから神や仏が生まれた。

 

しかし永遠に解けない謎は生死ではなく生にある。

そしてそこにこそ神の存在を容認しても良いかなと思える事実がある。

 

今日から暫く、「老い」に就いて遺書してみよう(笑)

 

 

逝ったあいつ/やって来たこいつ

f:id:BooBicky:20181101181708j:plain

5月30日に15歳と8ヶ月の天寿を全うしたニキ(仁吉)

最後まで自力で立ち上がって用を足すほどの健気さと男らしさを見せ、一瞬の痙攣の後優しい顔で旅立った。

長い長い付き合いだった。

俺が癌で死にかけているときも、じっと家で待っていた。

毎日面倒を見てくれる人はいなかった。2,3日に1度水、餌、トイレの世話は頼んであった。

逝ったのは俺の誕生日、20日を待ってくれたかのように30日だった。

こいつが人間だったら、男が男に惚れたというところだっただろう。

 

f:id:BooBicky:20181101182907j:plain

今年の夏だった。

ネットであれこれ見ていたら、酷い環境や、捨てられた、ブリーダーのお役御免や体に不自由があったりするペットたちの紹介サイトに入り込んでいた。

保険所に保護されたが、処分まであと数日という犬。

飼い主が虐待した猫や犬、目が見えない犬、いろんな逆境にいるペットたちを見た。

一人暮らしの身には、逝ったあいつが懐かしい。

外出先から帰っても出迎えるあいつがいない。

49日が明けるのを待ってサイトに連絡をしてみた。

何度か応募もしたが縁がなかった。

諦めかけていた時に、以前にも申し込んだ紹介者の方がブリーダーがその方に預けた今度来たこいつを紹介していた。

早速応募すると、とんとん拍子に話が進み、8月20日にやって来た。

小さな体で、すぐにそばに来て体を摺り寄せてきた。

まるで逝ったあいつがよくしたように。

名前は同じニキ、ただし女の子なんで仁希の字を宛てた。

仲良くやっている。

暫く頑張って生きなければならなくなった。 

 

f:id:BooBicky:20170625203848j:plain

涼を求め

猛暑....その言葉ではもう足りない。

住まいする市のメインにある観光名所の橋上では39℃を記録し、鉄製の橋の欄干は53度あるという。

外出する気にならない。

昨日15時を回った頃に、同じく観光名所に近いドラッグストアにいた。

車で行ったのだが、駐車場に入る際に足のおぼつかない老人が手押しの買い物かごに「ブラ下ル」ような格好で、進に進めず難渋していた。

 

ドラッグに入ってしばらくすると、女の子がレジ内にいる店長と思しき人になにか連絡し、彼が外に出て行ったので覗いてみるとその老人が更に酷い状態で、たってもいられないような有様になっていた。

 

店長はただあたふたするのみ、同行していた知人が店長に警察に保護を頼むよう指示。

しかし本来は救急車、それも店長さんが早急に判断して手配すべきであろう。

近くにあった通い函を持ってきてなんとか老人を座らせ、車から麦茶のペットボトルを持ってきて飲ませようとするが誤嚥の恐れもあるの静かに少しづつ。

この間も店長くんは見ているだけで、店内から水を持ってくるとか、濡れたタオルを持ってくるとかなにかすることがあるだろうとむかついた。

 

警官が来て、救急車を要請。

その間に、家はどこ?家族は?と尋ねると、家はすぐそばで買い物に来たが店に入れなくなったという。

店の前で動けなくなったのだ。

家族はみんな死んだ....恐らく老妻が先に逝って一人暮らしだったのだろう。

無事救急車で運ばれて行ったが、連絡してくれた女の子に感謝している。

また看過して店内にいた自分を恥じている。

そして、あたふたするばかりの若い男性店長のだらしなさに呆れ、ドラッグストアの責任者としては失格であると心の中で怒っている。

取引があるので声に出しては言えない💦

f:id:BooBicky:20180623224631j:plain働きアリっていうのはほんとに良く働くらしい。

でもコロニーを観察すると、まったく働かない一団があるという。

これは過労で倒れたアリの代打ですって。

ところで、餌や木の葉や木の枝、アリのたまごもある彼らの生活環境を水槽の中に作って、働きアリを一匹だけ飼育するとこのアリは働くんだろうか?