人の意識

果たして人の意識というものは、どんな状態に陥ったときに失われるのか?

気絶すれば当然意識はなくなる、痛みやショックで失神しても意識はないだろう。

ここで言いたいのは、脳死と判定されたり、それに近い状態で意識がないと判定された人たちには本当に意識がないのかということである。

 

例えば交通事故で緊急手術を受けたが意識が回復しない、そんなとき医師は意識の回復を待つために栄養を補給しながら患者の状態を診ていることしかできない。

家族の呼びかけにも応じず眠ったような状態のままで何か月もの時間が経過する。

その時間、その間、本当に患者はなにも聞こえず、なにも見えず、なにも解らないのだろうか?

 

時に認知症の患者に対して家族が名前を呼びかけたり、今まで通りにあれこれと話して接したりしていると、ふと意識が回復することがあるというようなことを見聞きする。

今回お話ししたいのはそれとはまるで異なるが、ふと意識が戻るという状態があるならば、意識がありながら伝えられないという状態もあるのではということだ。

 

私が思うのは、もし意識がないとされている患者に、周囲の物音が聞こえていて理解出来たり、目は動かせないが物が見えていたりしたならば、それは生きながらの地獄のような苦しみだろうということだ。

 

以前、私が今のように病気の後遺症で悩んだりすることのなかった頃に、なにかの本で読んだ記憶があるのだが、臨終ですと言われた患者が蘇生し、それまでのことをすべて覚えていたという一般の健常人には想像を絶するような内容だった。

そしてその実体験をこの私がすることになるなどとは、それこそ思いもしなかった。

「あとは本人の生命力と運です」

そう医師が言っているのを私が聞いている。

(そんなことはない、俺はまだ生きているぞ! 声も聞こえている、体は動かないがみんな見えている!)

そう心の中で叫びながら、お願いだから助けてくれ!

続けるのが少々辛くなりました。

思い出すだけでも大きなエネルギーが必要です。

今夜はこの辺りで。

おやすみなさい。

 

通院

山吹満開

暖かくなって少し汗ばむときもあるくらいです。

今日は1ヶ月ぶりくらいの病院でした。  本来の科は3ヶ月に1回になったんで、

少し楽にはなりましたが、それがいいのか悪いのか。

 

昨年のX'masにちょっといたずらが過ぎて、あわや再発かと慌てましたが、

なんとか治まって3ヶ月目。

飯が食えなかったせいで4Kgほど痩せてしまいました。

 

去年の今頃は、まだ病院でした。

毎日放射線治療を受けて、首の周りの皮膚がただれ、アズノールっていうなんとも

べたつく軟膏を一日三回塗り替え、上から特殊な布の包帯をしてました。

この軟膏、とってもべたつくし下着に色が移るんです。

だからアンダーシャツの首周りを広げた、なんとなく婦人物のような?シャツを着てました。

 

去年はこの山吹を見られなかったんです。

いや下手をすればずっと見られなくなっていたかも知れません。

もうすぐ一年、でもまだまだこれからでしょう。

後遺症の見本市みたいになってしまってますから、朝夕の顔面筋肉の運動、唾液腺のマッサージ、関節をほぐす運動、毎日朝夕だと正直いやになります。

 

「自分のためでしょう」そう言われればそれまでですが、自分はもういいよと思うこともあります。

普通に食えない、当たり前に飲めない、唾が出ない、眠れない、こういうのがずっとだと本当にもういいと思います。

しかしまだ頑張っている年寄りがいるんで、放置して先に逝くわけにもいかないし。

 

抗癌剤の説明、それが躓き、次が放射線治療の説明、どうしてもっと自分で調べなかったのか、後悔しても仕方がないことですが。

このネット社会、調べれいろんな人の経験も知ることができただろうに。

 

納めた古武道に「八重垣」という技があります。

斬りつけて勝った、と思ったら倒れた敵が足を払ってきたのを一度収めた刀を抜き出して受け止め、とどめを刺すという技ですが、これに似てます。

癌は治ったよ、よかったね........後遺症はどうしようもないね、受け止めて頑張ろう。

 

ならないことが一番、それが病気です。

でも罹ってしまったら恐れずその病気と向き合って、医師と十分な話し合いをして、

あらゆる情報を入手して、その場を乗り越えるのではなく、将来を見越した治療を受けるようにすべきです。

それがQOLを維持する大切なポイントです。

f:id:BooBicky:20170511151723j:plain

事の始まり

QOL

その病気を見つけたのは、以外にも専門外の医師でした。

実は以前から部分的な違和感はあったんですが、まさかそんな状態など予想もしていませんでした。

部分というのは口の中、上顎の辺りです。

以前からというのは、数か月とかいう単位ではなく何十年という「以前」です。

若いころから大酒のみで、タバコもヘビーな方だったので、それが原因で炎症を起こしているんだと勝手に決め込んでいました。

かかりつけの外科/内科の医師は、ヘビーな喫煙のせいで喉が痛んで何度も痛みを訴えましたが、抗生剤を処方するだけで、私もそれで治まっていたのでさして深く考えなかったのです。

タバコを吸うので定期的に歯の汚れを取りに歯科に通っていましたが、一昨年(2015年)の11月頃に歯科へ行った折に、若い担当医が口の中の荒れを見て、一度専門医にかかって下さいと真面目な顔で言いました。

なんとなく気になって、その足で耳鼻咽喉科の医院へ行くと、診察後医師より再度入室するようにとのことで、紹介状を書くので病院で精密検査を受けて下さいと言われました。

こりゃいよいよ悪い病気か?となんとなく嫌な予感がしましたが、その日もたらふく飲んで、プカプカタバコを吸って、まあそのうち行けばいいかとのんびり構えていました。

さて数日後地元の中堅どころの紹介状にあった病院へ出向き、耳鼻咽喉科で各種の検査を受けていったん帰宅、数日後に再訪すると、医師から病名が告げられました。

「右上顎部口蓋癌」なんと....口の中の違和感のあるただれは癌だったのです。

医師にステージや治療法、あるいは放置すればあとどれくらいは生きられるかと率直に聞くと、ステージ4、治療法は今のところなんとも言えない、放置すれば転移するだろうし、まあ長くて2年という回答、それもにやにや笑いながら返答するもんで、ムカッとして、「あんたのとこでは治してもらわないよ、他へ行くから紹介状を書け」

と医者が驚いて椅子から立ち上がるほどの大声で怒鳴りつけました。

紹介状は後日知人が取りに行ってくれ、診察費も払ってなかったよと笑われましたが。

紹介状には「なるべく早く設備のある大手の病院を受診するように」といくつかの病院名が書かれていました。

この時にすぐに信頼のおける医師に相談できれば良かったのですが、かかりつけの外科/内科にも長年の間この病気にも気づかなかったという不信感があり、また歯科から言われて行った耳鼻咽喉科もさほど知っているわけでもなく、友人に医師はいるがまるで専門外で、ましてや遠方である。

ここでQOLに関してのひとつめの躓きがあった。

病院を決めて、その病院で疑問点や不安な点、どのような治療方法があるのか、どんな後遺症が予測されるのかなど質問すればよかったのであって、そこに全く気付かなかった自分が悪いのである。

身寄りとてなく相談もならず、まあなるようにしかならんと自棄になりそれから2か月ほど酒浸りの日々が続いた。

ある種の自殺であると言える。

いやこのまま死ねばよいと思ったのは事実である。

そこへ考えが向かったのは、病気のみではなくそれなりの各種の事情が複雑に絡んでいたことも原因だったのだろう。

QOLの第一歩は、自分と正直に向かい合って、誰かに、できれば専門医に相談することである。

命をなくせば、その後に起きるであろういろんな出来事にも対処できない。

命があれば、どのような事態にでも対処できる。

気弱になることがまず第一の問題点である。

 

 

菜の花

菜の花の季節、この先っちょ、先菜と言ってるが、

これの塩漬けが実にうまい、酒はやらんが酒にも合うし、なにより飯に合う。

どこかにないかと探していたら、さすが京の台所、錦市場にあったと友人が買ってきてくれた。

うれしいね、こういう心遣い。

患った病治療の後遺症で味もわからず、刺激物はダメ、それに唾液が出ないという

なんとも情けない状況から少し回復したが、当初は大袈裟じゃなくてもう死のうと思った。

食べる楽しみは人生の中でとっても大きい、それを奪われたら?

そりゃもっと辛い状態にある方はたくさんいると思うが、生きてるだけが人生ではないと確信したね。

QOL、つまり人生の質、これはとっても大切なこと。

特に拙くらいの歳になると、残された時間のほうが少ないんだから、如何にそれを楽しく過ごすかが問題になる。

金があるとかないとかではなく、日々を充実させ、後悔しないように過ごすということ。

悔やまれるのは、病院で医師がどうしてもっとインフォームドコンセントしてくれなかったのかということだね。

抗癌剤の副作用(これで死にかけたんですから)、放射線の副作用と後遺症。

この辺りを十分聞いていれば、医療に頼らず免疫療法をするとかいろんな選択肢があったと悔やまれる。

酒もタバコも。好きなピリ辛もダメになって残されたのはなに?

長年修業した古武道も、体が動かずもうできない。

病魔にやられたんじゃなくって、医学の非常識と不親切にやられたんだね。

もしこれを読む人があったら、なにかの時に参考にしてくださいね。

これからも、医学治療の後遺症の怖さと精神的に受けるダメージについて書いていきますから。